2021.04.05

在宅勤務・テレワークでも仕事が捗る間取りって?設計のプロに聞いた家でも仕事に集中できるアイデア

Topics
知って得する
おしえて!お家づくり

近年、働き方改革やコロナウイルスの影響でテレワーク(リモートワーク)が推奨され、在宅勤務をする人が増えてきました。しかし、自宅での仕事には「オンとオフの切り替えが難しい」「快適なワークスペースを設ける広さがない」「将来使わなくなるのではないか」などの悩みがつきものです。これから住まいづくりを始めるなら、今後ますます加速するであろうテレワークに適したお家にしたいですよね?
そこで今回は、橘綜合住宅の設計士、小池さんにテレワークに適した間取りについて聞いてきました。悩みや、不便さを解決できるようなアイデアや工夫を紹介しているので、是非参考にしてみてください。

家だからこそ工夫したい、集中できる環境づくり

Q1. 在宅ワークに適している間取りにはどのようなものがありますか?

A.お客様によってニーズは様々ですが、「1人で集中したい」という方にはこもれるワークスペースをご提案しています。あるお家では、寝室の隣にウォークインクローゼットを設けるような形で、書斎をつくりました。内部建具で仕切って、正面を一面コルクにし、デスクと本棚を備え付ければ、在宅勤務に丁度いい隠し部屋のようなスペースになります。

Q2. 家事、子育てをしながら効率的に仕事がしたい人はどうすれば良いですか?

A.家事や育児をしながら仕事もしなくていけないという方もいらっしゃいますよね。そんな大忙しのお母さんには、リビングの一角にテーブルを備え付け、パソコンと本棚が置ける半畳ほどのスペースをつくることをおすすめしています。ちょっとしたスペースを設けることで、お子様がお風呂に入っている間やお昼寝をしている間など、隙間時間に効率よく仕事をすることができます。また、キッチンや階段の途中にある踊り場にカウンターを設けるのもおすすめです。このカウンターは家事の休憩や仕事、調べ物など多目的に利用することができます。

Q3. 仕事部屋を設ける余裕がない時は?

A.うちで採用している外断熱工法は、屋根や外壁で家全体を魔法瓶のようにすっぽりと包み込むような構造です。高気密・高断熱は勿論の事、小屋裏のスペースも有効的に活用することができます。また、スキップフロアにしたときに基礎蔵という空間を取ることもできるので、こもって集中できる空間を確保するには打って付けです。場所をあえて取らずに、ちょっとした隙間にテレワークのスペースをいれようという提案も、外断熱の工法ならではだと思います。

Q4. Web会議で映る部屋が気になる悩みを解決するには?

A.キッチンやリビングなどの生活感が見えてしまうのが気になるときは、ロールカーテンを取付け目隠しをするのはいかがでしょうか?ロールカーテンは簡単に開け閉めができるので、子どもの姿が見たいときは開けておき、一人で集中したいときは閉めるという使い方ができます。仕事がないときは、天井に巻き上げておけば生活空間に影響が出ないのもおすすめできるポイントです。

Q5. 仕事の道具や資料を綺麗に収納する工夫は?

A.造作棚を作ることで、収納を増やすことができます。外断熱工法は、柱と柱の間に何も入っておらず空洞の状態になっているので、そこを加工すれば本棚も簡単に作ることができます。また、ニッチ(壁の空間を利用した棚)を設けるという手もあります。玄関やキッチン、窓の下などいたる所につくることができ、ちょっとした書類や子どもの絵本を入れることも可能です。

Q6. 仕事とプライベートのメリハリをつけるための工夫はありますか?

A.防音の仕事部屋を設けるのはいかがですか?日中、奥様やお子様が家にいる時も外の音が気にならないので、在宅ワークに集中することができると思います。休日は防音を活かして映画や音楽を楽しむこともでき、仕事に集中できるだけでなく趣味にも使える空間をお作りすることができます。

色々な使い方が出来るワークスペース

家族で使える、集中できる場所

以前、教育関係にお勤めの方でお子様と一緒に作業できるファミリースペースのような仕事部屋をご要望の方がいらっしゃいました。その時は大きな造作カウンターと備え付けの棚があるお部屋を作りました。リモートワークだけでなく、親子で本を読んだり勉強をしたりと大活躍しているそうです。

ワークスペースから秘密基地にも!

小屋裏を自身で改造して、パソコンや趣味のものを置いて基地にしたお客様もいます。休日は、寝転がってテレビや映画を見るスペースとして使えるのも便利です。設計の段階で、趣味ややりたいことなどをたくさんお聞かせいただければ、それに合った最適な提案をすることができます。

あったらいいなを実現

設計の段階では気づかなかったけど、施工現場を見て「ここに棚を作りたい」など途中で気づくお客様も多いです。私たちは、その場で大工さんにお願いをして棚を付けることもできます。一度決めたら変更できないと言うことはなく、現場でも柔軟にご対応しているのでぜひご相談ください。

理想の在宅勤務・テレワークスペースを見つける

在宅勤務やテレワークでは、家の中で一人になれる環境やこもれる環境があると仕事に集中しやすいみたいですね。書斎として部屋を設けることが難しくても、工夫次第でほんの隙間に一人になれる空間をつくることもできそうです。また、家にいるからこそ家族の気配を感じたいという人は、キッチンカウンターやリビングの一角の空いている所に小さなデスクを設けることで、それぞれの暮らし方や将来設計に合わせてワークスペースを確保できそうです。自分の好みに合わせて在宅ワークのスペースを作れるのは注文住宅ならではの魅力です。

今回お話をお伺いした橘綜合住宅さんでは、小屋裏や基礎蔵などのちょっとしたスペースも上手に使って、新しい生活様式に対応したお家づくりを提案してくれます。悩みを聞き、一人一人に合った集中できる空間づくりの相談にも乗ってくれるので、自分だけの快適なテレワークスペースを見つけることができると思います。まずは、叶えたい理想の間取りについてご相談してみてはいかがでしょうか?見学会で実際にお家を見て質問することもできるので、是非お家づくりの参考にしてみてください!

話を聞いた人:株式会社橘綜合住宅 小池さん